正しくカフェを選ばないと、時間をドブへ捨てることになる

カフェにいる男

photo credit: Public Places via photopin cc

何のために、音楽屋であるわたしがカフェを取材するのかって?はっはっ、まさかブログ開始2日目でそれを訊かれるとは。

あなたはいつもそうだ。そうやってまるで、やなせたかしの詩の様に核心をえぐる。

 

誤解しないで欲しい。別に、カフェ好きなお洒落で可愛い女子とあわよくばヌフフ、とよこしまな気持ちでやっている訳ではない。

いや、全然ウェルカムなんですけどね。来る者は拒まずというか。あ、ちょっと待って逃げないでそこの女子。

わたしがカフェを取材する理由はいたってシンプルである。ズバリ、カフェが好きだからだ。待て、ブラウザを閉じるな。

 

あなたに訊かれてあらためて考えたが、結局それが理由なのである。ただ、なぜカフェが好きなのか。これを考えると見えてくるものがある。

こんがらがったイヤフォンをほどく様に、丁寧に紐解いてみると、正にイヤフォンの如くその先には2つの答えがあった。

  • 正しく選んだカフェで過ごすことで、自分の時間を大切にできる。←今回はこれ
  • カフェで観るライブの方が、ライブハウスより楽しめる

まだ時間はあるだろうか。この2つをさらに掘り下げていこう、お付き合い願いたい。

 

正しく選んだカフェで過ごせば、自分の時間を大切にできる

最近、カフェでゆっくりしているだろうか。

なるほど。聞き覚えのあるコーヒーチェーン店の名前が聞こえてくる。悪くはないが惜しい。

 

ちょっと考えてみて欲しい。カフェに限らずだが、飲食店で時間を過ごした後、あなたは幾らかの代金を支払うだろう。

そのお金は一体、何の対価として支払っているのだろうか。そんなもん飲食代だろうって?うん、3点。

 

「時間の価値=空間の価値×行動の価値」に対価を支払おう

実は、あなたが固い財布の紐をこじ開けて支払っているのは、そこで過ごす「時間の価値」への対価である。

そして時間の価値とは、「1.空間の価値」と「2.行動の価値」の掛け算で決まる。飲食代なんてものは、この行動の価値に含まれる一つの要素でしかない。

少々小難しいだろうか。わたしも少し疲れてきた。だが、あなたが大切な時間をドブへ捨てずに済むなら、このぐらい易いものだ。

 

1.「空間の価値」は店側の責任で決まる

空間の価値についてはイメージしやすいだろう。汚い店より綺麗な店の方がいいし、内装や外装・BGMなどが自分好みだと、より心地よい

客層の良し悪し、などのイレギュラーなものもあるが、空間の価値のほとんどは店側の努力で決まる。(ちなみにわたしは、客層も空間の良し悪しに比例すると思っている)

 

店側がいかにこだわりを持って空間を作っているか。ひとのこだわりに触れるのは楽しいし、こだわり抜かれた空間というのは心地よい。

例えば、わたしは別にディープなディズニーファンではないが、ディズニーシーが大好きだ。あの空間作りは素晴らしい。

カフェひとつとっても、あなたが対価を支払うに値すると思える空間を、提供してくれるお店を選ぶべきである。

 

2.「行動の価値」はあなたの責任で決まる

続いて行動の価値だが、難しく考えることはない。あなたがとる行動の価値である。

カフェでの行動といっても様々だ。飲食の他、一人でゆっくり考えたり、あえて何も考えず過ごしたり。友人と過ごすこともあれば、仕事に精を出すこともあるだろう。

 

その行動のほとんどは、あなたが自分で決めるものだ。つまり、その価値の有無はあなたの責任による

ひとつだけ、店側があなたの行動に関与するのが、提供する飲食の質だ。こればかりはお店の責任だが、それを食べたり飲んだりするのはあなたである。言うまでもないが、店選びの際は飲食の質も考慮すべきだろう。

 

あなたの「時間の価値」の半分は店側が決める

たかがカフェ、と思うだろうか。確かに、カフェ選びに失敗したところで死ぬわけでもない。

だが、そこで過ごす時間はまぎれもなくあなたのものである。そして、その価値を決める要素のうち、少なくとも半分は店側の責任なのだ。

店側の責任で提供されるのは「空間の価値」の大部分と、「行動の価値」における飲食の質。こういった視点で、つまり店側の責任で決まる「時間の価値」を重視して、お店を選ぶべきなのである。

 

これに気付いた時、わたしは今までの己の無思慮な店選びを大いに嘆き、やがて同じ過ちを犯す人を少しでも減らしたいと思う様になった。わたしがカフェを厳選し、紹介する動機の一つである。

あなたも少なからず、嘆いていることだろう。だが案ずるなかれ。

「よく考えて店を選ぶ」という、最大の行動責任は100%あなたが握っている。わたしもでき得る限り手助けしよう。

 

おわりに

言っておくが、わたしはチェーン店を否定するつもりはない。あなたが求める時間の価値がそこにあるなら、その選択も正解となる。

繰り返しになるが、あなたの貴重な時間を無駄にしないで欲しい。たかがカフェでも、正しく選ぶことだ。

 

思いがけず熱くなってしまった。「カフェで観るライブの方が、ライブハウスより楽しめる」については、またの機会にお話しする。※書きました!記事最後のリンクからどうぞ。

さよならを言うのがこんなにもつらい相手がいるなんて、ぼくはなんて幸せなんだろう。さようなら!

 

 

煤渡(@sswtr_in_cafe)

続きはこちら!

Screenshotカフェで観るライブの方が、ライブハウスより楽しめる