リニューアルした「Lumit」iOS版ver2.0をしばらく使ってみた

ご機嫌よう、煤渡(@suswatari88)です。

以前紹介した、未知の音楽と出会えるストリーミングサービス「Lumit」。iOS版アプリのバージョン2.0が、6日にリリースされました。

流れる曲に「いいね」「イマイチ」と評価することで、使うほどに好みを学習してくれる音楽アプリです。詳細は以前の記事を読んでみてくださいね。

音楽アプリ「Lumit」とりあえずの感想、期待と懸念

リリースのタイミングで、代表の海保さんから「ver2.0、是非使ってみてください!」とご連絡いただいたものですから、これはきっと自信作だぞと。ここ数日、がしがし使ってみました。

前回同様、思ったままにその感想を書いておこうと思います。

 

主なアップデート内容

photo20150810-1

左:インストモード追加 右:好みメーター

今回リニューアルされたのは、主に以下の部分。

  • デザイン変更
  • 読み込み高速化
  • インストモード追加
  • 好みメーター新設
  • アーティストプロフィール表示可能に

デザインが一新され、背景には爽やかな木漏れ日動画を設定可能に。

※2015/08/10現在、この背景動画が表示されない不具合を数件確認済み、対応中とのこと。

読み込みは、確かにかなり速くなった印象です。アプリを立ち上げてモード選択すると、平均5秒ほどで曲の再生が始まります。

そして要望の多かった「インスト(歌なし)モード」の追加。これによって、店舗での利用なども増えるかもしれません。

また、画像右の「好みメーター」が設置され、自分のいいね履歴の傾向を可視化できる様になりました。これ結構面白いです。

さらに、再生中の曲のアーティストプロフィールが見れるようになりました。WEB版の方では見れてたんですが、スマホでは今まで見れていなかった様です。これについては後述します。

 

さて、今回のリニューアルですが、数日使ってみて上記の刷新はどれも好印象でした。以前から言ってますが、Lumitには期待を寄せています。

期待しているからこそ、せっかくなので今回も気になったポイントや、改善したらもっと良いかも?といった点を書いておきます。

 

インストモードについて

まずは今回の目玉、インストモードについて。

先ほど書いた通り、このモード追加のお陰で、店舗でのBGM利用が増えるのではないかと言われています。

ですが、実際使ってみるとインストもかなり楽曲の幅が広いんです。当然ですが、リラックスした曲もあれば、かなりハードな曲もある。

よって現状では、かなりガッツリと自分の好みを学習させない限り、次にどんなインストが来るかわからない。これだと、イマイチ店舗利用が増えない可能性があります。カフェでBGM流してて、急にヘヴィロックが流れても困りますからね。

例えば、モードに関してはまず大きく「歌あり」「歌なし」の二つに分けて、その下に“子モード”としてNormal、Exciteなどの気分モード選択をつけると、もっと使いやすくなるのかなと。

 

いいね、イマイチをロック画面から

このアプリのポイントは、なんといっても楽曲評価です。どんどん「いいね」「イマイチ」して、自分好みの音楽プレーヤーに育てるのが楽しい。

これを、ロック画面からも操作できると、もっと使いやすくなるだろうなと。

細かいところですが、iPhone純正のミュージックアプリでは、ロック画面でもハート型のLikeボタンが表示されてます。

ただし、Lumitでは「いいね」すると、アーティストが無料配信している楽曲ダウンロードへの誘導を表示してくれるんですよね。ロック画面のまま「いいね」できてしまうと、機会損失に繋がります。難しいですね。

 

アーティストプロフィールについて

photo20150810-2

最後に、先ほども触れたアーティストプロフィールについてです。

再生画面(画像左)にて下の楽曲情報部分をタップすると、詳細なプロフィール(画像右)が表示される様になりました。

ですが、正直しばらくの間、これに気付きませんでした

せっかくプロフィールが見れるのに、ちょっと気付きにくいかもしれません。え? わたしだけですか、そうですか。

 

また、プロフィールの本文なんですが、URLがリンクされないんですよね。これはもったいないなと。

公式HPやTwitterなど、URLを記載しているアーティストが結構います。自動でリンク先へ飛べないし、テキストのコピペもできない仕様になっているので、気になったアーティストのチェックがしづらい印象でした。

URLが自動リンクになってくれると嬉しいですね。現状はLumitからの導線が「いいね→楽曲無料ダウンロード」しかないのですが、楽曲が気になったリスナーをどこへ誘導するか、その自由度が高まれば、アーティスト側も使いたい人がもっと増えるかもしれません

 

おわりに

好き勝手に言わせてもらいました。サービスが成長していく様子が楽しいので、つい「ここもっとこうしたら面白いんじゃない??」と言いたくなってしまいます。

他にも、「自分好みの音楽プレーヤー」ってところに絡めて、例えば背景画像を自分で選べたり、アプリの基本色を変更できても楽しいかもなあと思ったり。とはいえデザインに関しては開発側の哲学が見えるので、今のままでも綺麗で満足ですけどね。今後も期待して、注目していこうと思います。

さよならを言うのがこんなにもつらい相手がいるなんて、ぼくはなんて幸せなんだろう。さようなら!