超えてるカフェ、café dacotaのマスターと雑談してきた

cafedacota店内 2014年、個人的にとてもお世話になったと勝手に思っている「café dacota」。

このブログのコンテンツとしてカフェ紹介を選んだときから、その一発目はdacotaの紹介にしたいと思っていた。

念願かなって、その紹介記事を皮切りにブログは無事スタート。だが、取材時に案外じっくり話を聞けたので、お店の紹介記事内におさまりきらず。

せっかくなので、載せきれなかった話をインタビュー記事風にまとめてみた。今後も、わたしの周りにいる面白い方々に話を聞いてまとめていくつもりだ。乞うご期待。

 

文章:煤渡(@suswatari88)
写真:HAN YUMA

感電しながら作った店

cafedacotaメニュー表――このお店はもう何年目になるっけ。

dacota 2015年2月に丸二年で、三年目に入るね。

――基本的に、店は全部自作なんだよね。

dacota そう。テーブルは全部だし、長いベンチなんかも自作で。

――このテーブル自作なんだ、すごいな。

dacota 「結構いい値段で売れるよ」って言われたこともある。そっちで稼ごうかな(笑)。内装も業者は入れずに全部自分たちで。配電からやったよ、ちょくちょく感電しながら

――え?それ大丈夫だったの(笑)?

dacota 案外平気なもんだよ(笑)。

 

カフェの枠を超えた活動

各種イベント、ワークショップなどについてまとめてみた。気になるものがあれば是非、お店へ遊びに行ってみて欲しい。

  • ライブ
  • セッションナイト
  • DJナイト
  • オープンマイク
  • ドラムレッスン
  • ラテンパーカッション教室(毎月第2・4月曜日)
  • 台所薬膳 〜からだの教室〜
  • 手相アドバイス(毎週月曜日)
  • カラーセラピー(毎週木曜日)
  • 音楽部部会
  • カメラ部部会

※音楽部、カメラ部は誰でも参加可能な、dacota発信の部活動である。音楽好き、カメラ好きのあなたは要チェックだ。

――かなり増えたよね、イベントとかワークショップとか。ドラムレッスンはマスターがやってるけど、ドラムはいつから?

dacota 小学校一年生の時から。多分親の影響だと思う。

――なるほど。台所薬膳ってのは具体的にどんなことやってるの?

dacota 実は店の仕事があるから、あんまり見れなくて。詳しくはわからないんだけど、最近だと寒いから「冷えに効く薬膳について」とかやってたりするね。

 

ライブハウスがやりたい。レコードを作りたい。

cafedacota店内

dacota 最近、ライブハウスをやってみたいと思ってて。あと、レーベルもやってみたい

――確かに、定期的にライブやってて面白いミュージシャンとの繋がりも増えてるもんね。

dacota それで、カッティングマシンが欲しいんだよね。レーベルやるならCDだけじゃなく、アナログレコードにも興味があって。でもいまの時代、レコード作るのに結構コストがかかるから、自分でカッティングからできればそのコストも抑えられるんじゃないかと思ってる

――面白そうだな。しかしホント、DIY精神が強いね(笑)。

(2014.12 café dacotaにて)

 

いかがだっただろうか。ゼロからのたった二年でよくここまで、と思っていた。

だが、どうやらマスターはまだまだ、次の面白い事を企んでいる様子だ。まったく目が離せない店である。また今度改めて、もっとじっくり話を聞いてみたいと思う。

さよならを言うのがこんなにもつらい相手がいるなんて、ぼくはなんて幸せなんだろう。さようなら!

 

 

café dacotaの紹介はこちら

Screenshotcafé dacota| 全内装手作りのカフェで、王室御用達窯の食器を見つけた